2022年5月講座(No.14)視聴権

¥5,500

説明

【至誠塾】2022年5月講座(No.14)の動画2本を視聴できる権利です。※単月分

ご購入いただくと、URL・ライセンスキー(動画パスワード)・講座の主な内容を記載したPDFデータをダウンロードできるメールをお送りします。

▼視聴権の内容 [約50~60分 × 2講座]
———–
❶写真撮影講座2022年5月(No.14)
———–
テーマ:「阿寒アートギャラリー解説」
【サンプル動画URL】

【主な内容】
・2022年4月29日にオープンした「阿寒アートギャラリー」で、安藤誠が展示写真について解説する動画です。

▼後半は、6月の至誠塾で阿寒アートギャラリーについて語った内容を5月分にも付け加えました。

・安藤誠自身が「ありえない」という理由
・ただ安藤誠の写真が飾っているだけで終わらせたくなかった
・日本有数のデザイナー・工藤ワビ良平氏と仕事をした感想
・各写真にキャプションを書いているのでちゃんと見れば1時間くらいかかる
・なぜ安藤誠のプロフィールが大きな面積を占めているのか?
・北海道アウトドアガイド資格者は無料で入れるようになった経緯
・さらに北海道アウトドアガイド資格者と一緒のお客様は入場料20%OFF!
・阿寒アートギャラリーの裏コンセプトとは?

———–
❷自然ガイド講座2022年5月(No.14)
———–
テーマ:「クマ講座①」-クマについて話したい項目とおすすめの本-
【サンプル動画URL】https://youtu.be/xNP20tQvHGs

【主な内容】
・過去の事故の検証:なぜ事故は起きたのか?
・クマの生態について
・現在の北海道のクマに対する方針と至誠塾の取り組み方針
・ガイドとして、フィールドに入る人間としての心構え
・マスコミと協力して良質なプログラムや番組を制作したい
・ハンターの教育や調査・護衛できる人材育成とおすすめの本
・クマのなわばり、オスとメスの違い、生息域や環境の検証
・クマに出会ったときにどうすればいいか?
・クマの写真撮影について(カメラマンのマナー・規制とのバランス)
・クマについて注意喚起する本が意外とない。出版物をつくる協力をしたい。
・クマが存在したらいけないと思っている人が多い⇒共存するためには教育が必要
・クマにも平和に生きていく権利がある。ヒグマを題材に自然のあり方を考えるチャンス。
・『羆の実像』著者・門崎允昭先生に会った時の話
・毎年一頭でも少なくクマが無実の罪で駆除されることを防ぎ、人身事故を減らしたい。
・おすすめ本『狩猟教書』久保俊治著 野生動物の命を取ることはどういうことなのか?
動物を殺せない人がこの本を読んだ時にどういう感想を持つか聞きたい。
・「ひらめきのような予感で行ってみる」研ぎ澄ました感覚・感性を大事にする
・おすすめ本『春告獣(エゾヒグマ)』木村盛武、『クマにあったらどうするか』姉崎等

* * *

【視聴期間】購入日の翌月末まで(A“定期塾生”を除く)
※購入者以外の視聴、URL・ライセンスキー(動画パスワード)・講座ポイントを記載したPDFデータの転送やSNSでのシェアなどは厳禁です。

▼視聴までの流れは、こちらをクリックの上ご確認ください)
https://life-as-guide.com/how_to/#index-3

▼希望者は下記にもご参加いただけます。
❸ZOOMシェア会への参加
❹塾生専用のFacebookプライベートグループへの参加

———–
▼注意事項
———–
※admin@life-as-guide.comと lifeasguide@gmail.com からのメールを受信できるようアカウント設定、および迷惑メールに振り分けられないよう設定をお願い致します。
※メールが届かない場合は、お問合せ前に上記をご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。

▼お問合せ:ヒッコリーウィンド至誠塾 山本
lifeasguide@gmail.com