伊藤重行氏「釧路湿原の聖人・長谷川光二について」

¥1,500

カテゴリー:

説明

・2021年8月に開催した至誠塾ゲスト講座・伊藤重行氏「釧路湿原の聖人・長谷川光二について」の視聴権です。

ご購入いただくと、URL・ライセンスキー(動画パスワード)・講座の主な内容を記載したPDFデータをダウンロードできるメールをお送りします。

※視聴期間:購入日の翌月末まで(A“定期塾生”を除く)
※特別講座・ゲスト講座だけの購入は塾生扱いになりませんのでご注意ください。
—–
【講座内容】
鶴居村出身で『釧路湿原の聖人・長谷川光二』著者、松蔭大学教授の伊藤重行氏による特別講座です。安藤誠との運命的な出会いから続いているご縁で2021年8月に実現しました。です。19世紀アメリカで著名なH. D. ソロー(著書『森の生活』など)と対比して、「日本のソロー」と紹介している思索者・俳人・牧場経営者であった長谷川光二氏について、実際に直接会って学んだ伊藤氏だからこそ語ることができる貴重なお話を収録した動画です。

①伊藤重行氏と安藤誠との出会い
安藤誠との共通点
執筆中の『鶴居天国』と鶴居村について
ブロードウェイよりアオジの巣づくりの方がすごい!
現代の我々はおかしくなっている(直感主義や感覚主義について)

②コロナについて
吉田松陰が殺された場所と長谷川箪笥店
著書『釧路湿原の聖人・長谷川光二』の価値
皇国史観について
コロナについては疑っている

③長谷川光二氏について(前編)
関東大震災後に北見、その後鶴居へ
何かやる人に休みはない
知識が大事

▼講師プロフィール
伊藤 重行(いとう しげゆき) 日本の政治学者、経済学者、松蔭大学教授。

1943年、北海道阿寒郡鶴居村に生まれる。
1968年明治大学政治経済学部卒業後、同大学修士課程を経て、1973年同大学大学院政治経済学研究科博士課程単位取得退学。
ローマ・クラブ研究員を経て、九州産業大学経営学部国際経営学科設置時に就任する。
九州産業大学経営学部教授を経て現職。

その間、1976年ローマ・クラブ研究員・日本チームディレクター、
1989年アジア・太平洋プロジェクト・ディレクター、
1989年仏International Space University客員教授、
1991年米Nova Science Publishers編集顧問、
1993年米南カリフォルニア大学客員研究員、
1994年ウイルソン・センター会議招聘教授、
1996年台湾・淡江大学『未来研究』編集委員、
1997年伊Rockefeller Bellagio Conference Center会議招聘教授、
2000年露極東国際ビジネススクール名誉教授などを歴任した。
2003年に新風舎出版奨励賞を受賞する。
2010年叙勲・褒章(藍綬褒章)受章を含む数々の受賞歴を持つ。

また、日本政治学会理事、日本臨床政治学会理事、「福岡県明るい選挙推進協議会」副会長なども兼務する。講演も多数。

▼主な著書
『アジアと日本の未来秩序』(平成16年4月)東信堂
『釧路湿原の聖人・長谷川光二─永遠なる人間の鏡』(平成17年4月)学文社
『誰も知らない三つの鶴居を教えます』(平成19年4月)フォーネット社
『ツルになったおばあちゃん』(平成19年5月)中西出版
『ホワイトヘッドの政治理論』(平成20年4月)学文社
『自己組織化するアジア太平洋』(平成22年4月)櫂歌書房
『自己安定・自己組織システム-秩序進化の原理』(平成24年4月)志學社
『システム哲学序説』(改訂版)(平成24年4月)勁草書房
『釧路湿原の長谷川光二-日本のソロー』(共著)(平成24年7月)志學社
『アジア太平洋発展論』(平成25年4月)志學社

▼視聴までの流れは、こちらをクリックの上ご確認ください)
https://life-as-guide.com/how_to/#index-3
※“単月塾生” コースと同じ流れです